2005年11月30日

有楽町で。「ランド・オブ・プレンティ」

「ランド・オブ・プレンティ」がやっている
シネカノン有楽町は比較的新しい劇場。(と思う)
気がついたら出来ていた。

ラインナップはいわゆるミニシアター系(?)の作品だけど
中が広いのでゆったり鑑賞できる。
ここの劇場もお気に入り。

さて作品のほうは9.11同時多発テロによって
人生になんらかの影響を受けた人物たちが登場する。
あれってなんだったんだろう?というのを
国家や組織の単位じゃなく
ひとりひとりのレベルに落とし込んで考えてみよう、
というのを静かに促がしているような映画。
あの事件に関する映画はこれからじゃんじゃん作られるかも
しれないけど、これは良心的だと思う。

みんなこうだといいかも。
ヒステリックじゃなくて私は好きでした。

主演の女優さんが気になったのでチェックしてみたら
ミシェル・ウィリアムズとのこと…。
美人ってわけではないかもしれないけど、
なんだか印象的だし自然でいいなぁ〜。
そういえばどこかで見たような?と思ったらお気に入りの映画に出演してました!
「ミー・ウィズアウト・ユー」
イギリスを舞台にした女のコ同士の友情を描いた作品。
同性の友人への嫉妬やらやっかみやらライバル心…。
でもやっぱり友達!という複雑な心理をすごくうまく捉えてます。
女の人なら「わかる、わかる」というところがいっぱい。
少女〜大人までのカルチャーの変遷も劇的で面白い!オススメです!
posted by あチちゃん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

渋谷で。「ミリオンズ」

前にも書いたけど渋谷の映画館では日曜最終回は入場料1,000円。
(実施していない映画館もあり)

「ミリオンズ」はノーマークだったけど、
ダニー・ボイルが監督していることが判明。
これはチェックせねば。
シネマライズは日曜最終回1,000円だし。

映画はダニー・ボイルらしからぬさわやかな内容。
さすがの映像センスで見ている間楽しかった!
しかし皮肉の利いた展開を期待してしまう
ひねくれた性格ゆえ、
ラストはちょっと物足りなりないかも?
ホームアローンでも見るような気持ちで行けばよかった。

シネマライズは全席指定方式になったのだった。
もう並ばなくていいの!
ミリオンズが上映しているのは階段を上がった劇場。
スクリーンが高いところにあるので
わたしのようなおチビでも字幕までしっかり見ることができる。
お気に入り劇場のひとつだ。
posted by あチちゃん at 13:49| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会えなくて…2週間

週末はきゃえに会える〜るんるん

と思って1週間楽しみに待ってたのに…。
急に妹の仕事が入って、あちらのご家族のほうにあずけたのだそう。

がーん。(TwT。)

これで会えなくて2週間だよ。
はぁ〜。( ´△`)
禁断症状がでちゃいそう…。


こういうときは映画だなっ!
映画館行こーっと。
posted by あチちゃん at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おばバカ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

お台場で。「ダーク・ウォーター」

今日は地上波で「灰の暗い水の底から」がやるみたいですね。
それのハリウッド・リメイク版が「ダーク・ウォーター」。
後味のせつないホラーでした。
オリジナルは見たことないのだけれど、
お母さん役が黒木瞳なのはなにか納得。(普通逆だけど)
ハリウッド版ではジェニファー・コネリーです。

今回はお台場のシネマメディアージュで見ました。
平日のレイトショー。
観客は私を含めて7人!
大丈夫なのか?メディアージュ!

まぁ会社帰りに映画を見るためだけに
お台場まで行く物好きなんてそんなにいないかぁ。
私以外の観客はカップル3組だったしな。
デートのついでですか。そうですか。

気を取り直して。
作品自体はもっともっとお客さんが入って良い作品だと思います。
意外と(?)佳作です。オススメ!
posted by あチちゃん at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

センチメンタル・ランチ

今日のランチは韓国料理屋で石焼ビビンバを食べた。

店内には韓国語の曲が流れているが、
誰の歌なのかチンプンカンプンだ。
韓流と言われて久しいが
それはどこを流れているの?と思うほど
私には縁遠い。

でも今日はちょっと違った。
どこかで聞き覚えのあるメロディーが…。

わかった。
「ラブストーリー」の曲だ!

この映画、すごい泣いたんだよなぁ。
ファンデがぐっちゃぐちゃになったんだよ。
マスカラがウォータープルーフじゃなかったら
さらに大惨事になっていたと思う。

今日も危うく思い出し泣きするところだった。
2次被害は食い止めたけれど、
すごいしんみりしたランチになった。
posted by あチちゃん at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

あチちゃんの年齢

ここのところきゃえは私の年齢が気になっているらしい。
先日も聞かれた。
こういう時、子供にサバ読んだってしょうがないので正直に答えるようにしている。
「○○歳だよ。(30代も後半だ)」
すると「え〜!」とびっくりした様子で
「20さいくらいかと思ってたよ。」と言った。

別にお世辞を言おうとか、そういう風に思っているわけではなく
本気で20歳くらいだと思っていたようだ。
ママのお姉ちゃんがあチちゃんなんだからママより年下なわきゃないじゃん。
…って、いままでも何度も言ったんだけどなぁ。

なんで20歳だと思っているのか心当たりはあるのだ。
あちらのご家族(パパ側の親戚ってこと)に20歳くらいの男のコがいるのだ。
たぶんきゃえの中で我が家における私のポジションっつのは
そのコと同じなんじゃないだろうか?と思うのである。
つまり

じーじ・ばーばより丈夫(ぶら下がったりしてもOK)+遊んでくれる
=20歳くらい

ってとこなんじゃないのかな。

妹はすかさず
「あチちゃん、きゃえにお礼しないと!」ときた。
あわよくばきゃえがどっぷりとハマっているラブベリのプレイ代を
私に払わせようという魂胆なのだ。

抜け目ないっつーか…。

わかりましたよ…。
でも、5回くらいでカンベンしてねッ。
posted by あチちゃん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おばバカ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

渋谷にて。「ロバと王女」

渋谷の一部の劇場では日曜日の最終回は\1,000で映画が見られる。
全部の劇場ではないと思うので、
興味のある方はチェックしてみてください。
とりあえずル・シネマは\1,000で見れました。

今回は「ロバと王女」。
予告編を見て気になっていた映画です。
だって“女王に先立たれた王様が自分の娘に求婚する”ことから
始まる映画なんですよ。
倫理とか道徳とか、完全無視じゃないスか!

で、どんな映画か一言で表すと、
豪華絢爛なナンセンス超大作って感じでした。
ツッコミどころ満載で「え〜?」とか「オイオイ…」の連続です。
劇場内失笑の嵐でしたよ。
でもそこは制作者も役者さんもわかってて作っているので
本気でバカなんじゃないか?とか余計な心配の必要なないと思われます。

それにつけてもカトリーヌ・ドヌーブの美しさ。
ほんっとにステキです。ステキすぎです。
衣装も見事です。
一度でいいから着てみたいッ!
posted by あチちゃん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姪に会えない週末

うちの兄弟は週末には実家に集まるようになっている。
ゆえにほぼ毎週末には姪に会うことができるのだ。

しかし、先週末はあちらのご家族と旅行とのことで
会えなかった…。ちょっとさびチー。(;_;)
posted by あチちゃん at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おばバカ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

おばバカについて

おばバカって自称してるんだから、やはりそこに触れないとね。

わたしには姪がひとりいます。
なまえはきゃえ。
きゃえちゃんはうちの両親にとって唯一の孫。
我が家にとってたった一人の子宝なのです。

わたしは結婚適齢期も出産適齢期もスルーしてしまった三十路の女(;_;)
周りの友人にもそういうのが多いんだけど、
みんながいちようにハマってしまうのが「姪」。
(なぜか「甥」がいるヤツがいないんだけど)

わたしのおばバカぶりが炸裂していたころは
みんなちょっと引いてたクセに
いまやわたしに勝るとも劣らないバカぶりを発揮してます。
ケータイの待ち受け画面が姪の写真なのは言わずもがな。
姪のミニフォトアルバムを常時携帯し、
買い物に行ってはせっせと子供服を買い漁り、
クリスマスプレゼントに何を贈ろうかといまから悩む…。

そんなおばバカぶりを記録してみようと思った。
だって、トシだから面白いことがあっても忘れちゃうのよ。
posted by あチちゃん at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おばバカ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

新宿で。ヴェニスの商人

昨日は新宿のテアトルタイムズスクエアで「ヴェニスの商人」をみた。
レディースデーだったからね♪

劇場に着いたのは始まる5分前ほど。チケットに押された整理番号は「250」!
大丈夫かな。座れるのかな。総収容人数は何人なんだ?
ここはかつてすんごい大きなスクリーンで専用のメガネをかけて見る
3Dの飛び出す映画(こんな説明でいいのかなぁ)を上映していたところ。
その名残か、今もスクリーンが大きめで、座席部分の下から上までは
ビル3階ぐらい高低差がある。
だもんで、座席によって快適度が全然違う。
最前列に座ったときは、スクリーンが近いわデカいわ見上げなきゃいけないわで
ほんとにツラかった。

昨日はおひとりさまだったのでなんとか空いていた程よい席をゲット。
快適〜。

さて映画の方はと言うと、なかなかよかったです。
最近お目にかかっていなかった大好きなジョセフ・ファインズも出てたし。
(大好きなわりに出演作チェックは怠っていたわけだけど)
でもシェイクスピアのお話ってこんなに不条理なんだっけ。
なんかシビアなところとミョーにお気楽なオチがあって
「ふう〜ん?」ってな感じだった。
posted by あチちゃん at 16:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

ブログってどうなんだろ?
なんでもやってみなくちゃわからない!ということでトライしてみた。
小学生の時の日記のように、そして昨今のダイエットのように、
3日坊主で終わるかなぁ。
posted by あチちゃん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。