2006年02月27日

銀座で。「僕と未来とブエノスアイレス」

銀座でレイトショーのみの公開。
確かどこかの映画祭で賞を受賞しているはずだけど、
地味な公開ぶりじゃないか。
(ベルリン国際映画祭 審査員特別大賞・最優秀男優賞を受賞している)
さては退屈なのか?というちょい不謹慎な興味を抱きつつ鑑賞。

わたしにはグッとくる映画でしたよ。
すごくよかった。
ラストの親子が雑踏を歩くシーンはね、涙出そうになりました。

ブエノスアイレスの商店街の一角で
母親とランジェリーショップを営むアリエルは、
アルゼンチンを捨てヨーロッパへの移住を試みようとしている青年。
でも、ヨーロッパに行ってなにをしようとか確固たる意志もなく
ただなんとなくアルゼンチンはやだなぁ〜と思っている程度なのだ。

こういう人っていっぱいいる。
大人になりきれない大人。
とにかく現状から逃げ出したいのだ。
どうしてイヤなのか、どうしたら解決できるのか
自分と向き合うことはせずに地域や家族のせいにして
とにかく現状から脱出すればなにかが変わると思ってる。
自分にもそういうところあったかも(あるかも)…と
ちょっと耳がイタくなる。

アリエルの場合は必要に迫られて
自問自答してみる。
で、彼が出した結論は…。

この映画がいいところは、そういう人間の成長みたいなことが
すごくサラリと、ユーモアも織り交ぜながら軽〜く描いてあるところ。
南米の映画だからこそ?
posted by あチちゃん at 17:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 2006年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お台場で。「悪魔の棲む家」

昔はホラー映画が苦手で
絶対に一人では見に行かなかったけど、
いまは全然平気。ガンガン行けちゃう。
ホラー+ノンフィクションと来たら、もう。
公開を心待ちにして喜び勇んで劇場に向かったのであった。

…うーん。
ノンフィクションといってもだいぶ脚色されているよね?
思ったよりも話が大げさな展開だった。
大げさなぶんちょっとウソくさい感が…。
純粋な実話だと思って観たわたしとしては
ちょっとガッカリだった。
実話を基にしたフィクションとか、ちゃんと書いてほしいなぁ。
ほんとのところどうなんだかわからないけど。
(それとも全部が本当なんだろうか?)
(それにしちゃ現実味に欠けてるんだよなぁ…)

思えばわたしもずいぶんホラー慣れしたもんだ。
この映画の怖い度もまぁまぁって感じ。
posted by あチちゃん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

六本木で。「タブロイド」

「シティ・オブ・ゴッドを凌ぐ」っていうコピーは
ちょっと大げさかもしれないけど、
まぁ、全くのウソではないかも。
ずっしりと重厚でありつつ、
サスペンス要素もバランスよくブレンドされた秀作。

全くの無名の俳優陣かな?と思っていたら
ハリウッド作品にも助演クラスでちょこちょこ出ているみたい。
どっかで見たような…と思う人が多かった。
んで、ここにもレオノール・ワトリングが出ていた。
今度はポルトガル語?を操っていた。すげー。
主役はジョン・レグイザモ…。
公式ページをチェックして思い出したけど
「ランド・オブ・ザ・デッド」でバイク乗ってた人なのね!
たしかにいたわ。

ほかの作品で手垢のついちゃった大物でないところも
現実感を醸し出していて良い。
posted by あチちゃん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

こわごわ…

久しぶりに自分のブログを見てみた。
おい森じゃないから雑草がボウボウということはないんだな。
よかった。

前回の更新は2/6かぁ。
仕事が忙しくって構ってられなかったわ。
やっと人間らしいスケジュールに戻れそうなので、
たまった映画のレビューとか書かなきゃ!
posted by あチちゃん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

にっくきインフルエンザ

先週末もきゃえとお出かけの約束をしていたのだけど
キャンセルをくらった。

原因はきゃえを襲ったインフルエンザだ。

熱は下がったらしいので、
「やっぱり夕飯だけは実家に食べに行くよ…」という連絡を期待して
DSを持ち歩いたまま外出したけれど、
ついにお声はかかりませんでした(;_;)

くっそーッ。インフルエンザめっ。
おぼえてろよー。
posted by あチちゃん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おばバカ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

渋谷で。「愛より強い旅」

公開最終週のレイトショーだったけど、
結構お客さんがいた。
いいことだ。ふむ。

実はワタシはフランス映画がちょっと苦手。
共感できないことが多い。
煙にまかれたような、そういう気分になる。

この映画も
「たぶんここで何かを感じとってほしいんだろうなぁ」と思うんだけど
とらえどころがわからない。

うーん。
たぶん今回の場合はアルジェリアの状況とか
フランスにいる移民のこととか
知識が足りないからかも。
自分のルーツを探すっていう感覚も日本人にはないしな。

作品自体は生命力を感じるというか、力強い感じがした。
無鉄砲なカップルが着の身着のままで過酷な旅に出ちゃったわりに
なんとか進んでいくというたくましさもそうなんだけど、
旅先の土地の空気とか雰囲気が生っぽくて
住む人の息遣いまで感じ取れそうな感じがする。
土地や人物がすごくいきいきと描かれているのだ。

飽きさせずにグイグイ引っ張っててくれるようなストーリー展開だった。
ただ、ちょっと最後の方で眠くなったけど。
(トランス状態みたいなダンスがね、ちょっと長くて疲れた)

わたしは真の意味でこの映画を理解できなかった(と思う)けど、
人間の生命力の偉大さを感じさせてくれる映画だと思った。
posted by あチちゃん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

【グッとくる一言】あチちゃんのこども

きゃえが4さいくらいになったとき。(だと思う。)
いわゆる社会性が身についてきたらしい。
自分のポジションとか、大人と子供の違いとかが
ぼんやりとわかってきたみたい。

でもね、子供の社会性っておおざっぱなのだ。
身近にいる大人っていうのは
みんな「○○くんのママ」とか「△△ちゃんのパパ」とか
子持ちの大人が多いわけですよ。
だから大人=子供がいる人って思うらしい。

そこでおばさんにスゴい質問をしてくる。


あチちゃんはだれを産んだの?


はなから産んだ実績があると思って聞いているところがスゴいし、
その“こども”を自分も知っているだれかだと思っているところがスゴい。
そんなわけないだろ〜。

じーじ、ばーば、ママに大爆笑されて
ムッとしているきゃえに
あチちゃんはだれも産んでないし
あまつさえ、結婚すらしてないんだよと教えてみた。

きゃえは「なんでーっ」(`ε´)と不満そうでした。
それがわかったらアタシだって聞いてみたいよ…。
posted by あチちゃん at 16:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 姪のグッとくる一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。