2005年11月30日

有楽町で。「ランド・オブ・プレンティ」

「ランド・オブ・プレンティ」がやっている
シネカノン有楽町は比較的新しい劇場。(と思う)
気がついたら出来ていた。

ラインナップはいわゆるミニシアター系(?)の作品だけど
中が広いのでゆったり鑑賞できる。
ここの劇場もお気に入り。

さて作品のほうは9.11同時多発テロによって
人生になんらかの影響を受けた人物たちが登場する。
あれってなんだったんだろう?というのを
国家や組織の単位じゃなく
ひとりひとりのレベルに落とし込んで考えてみよう、
というのを静かに促がしているような映画。
あの事件に関する映画はこれからじゃんじゃん作られるかも
しれないけど、これは良心的だと思う。

みんなこうだといいかも。
ヒステリックじゃなくて私は好きでした。

主演の女優さんが気になったのでチェックしてみたら
ミシェル・ウィリアムズとのこと…。
美人ってわけではないかもしれないけど、
なんだか印象的だし自然でいいなぁ〜。
そういえばどこかで見たような?と思ったらお気に入りの映画に出演してました!
「ミー・ウィズアウト・ユー」
イギリスを舞台にした女のコ同士の友情を描いた作品。
同性の友人への嫉妬やらやっかみやらライバル心…。
でもやっぱり友達!という複雑な心理をすごくうまく捉えてます。
女の人なら「わかる、わかる」というところがいっぱい。
少女〜大人までのカルチャーの変遷も劇的で面白い!オススメです!
posted by あチちゃん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。