2005年12月19日

川崎で。「ブラザーズ・グリム」

毎週木曜日くらいになると今週で終わってしまう映画がないか
チェックしてみるのが習慣になっている。
なにかあるかなぁ〜と見ていたら、あった!
ブラザーズ・グリムだ。
※これは今月の初旬の話だけど

思ったより終わるのが早いじゃないか。
あれだね、
クリスマス&年末年始に向けた大作公開ラッシュの影響にちがいない。
この時期は拡大ロードショー系もうっかりしてられない。
(たぶんこんなことで必死になっているのはわたしだけだと思うけど。)

仕事があるのでレイトショーで上映している劇場を探してみて
見つかったのが川崎のチネチッタであった。
帰りが遅くなっちゃうけど、まぁ、仕方がない。

で、ブラザーズ・グリム。
実はこの監督の作品は一つも見ていない。(と思う。)
評判が高いのは知ってるんだけど、諸事情で未鑑賞。
わたし好みそうだけど…。まぁ、いろいろあるんですよ。

なので予備知識なし、素直な気持ちで観た。
時代物の“衣装”劇+ミステリー+オカルト+ホラー、みたいな。
大好物な要素てんこもりの作品で楽しめた。
なんか時間がたってみるとあんまりひっかかりがないけど
(記憶に残らないっつーか)でも、大満足だ。

できれば日劇とか、巨大スクリーンで見たかったなぁ。


全然関係ないけど、見ている間SAYURIのことを考えてみた。
中国人が日本人を演じるってどうなんだ??
最近そこがひっかかってしょうがないのだ。
でもこのブラザーズ・グリムだって
ドイツ人をアメリカ人が英語で演じてるしなぁ。
でもでも、ほとんどのアメリカ人だって
もともとのルーツはヨーロッパだろうからSAYURIとは事情がちがうよなぁ。
でもでもでも、日本人のルーツだってたどっていけば
中国にたどりつくだろうし。やっぱりいいのかなぁ…。

などと考えをめぐらし未だにSAYURI鑑賞に踏み切れないのであった。
posted by あチちゃん at 12:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10822493

この記事へのトラックバック

劇場
Excerpt: 劇場劇場(げきじょう)とは、総合芸術の作品、もしくは特定の人物(達)による一連の行動からなる事象を、群衆が見物する場所を指す。具体的には、多くの場合、演劇を上演する場所を「劇場」と呼ぶ。オペラやバレエ..
Weblog: 演劇すきやねん
Tracked: 2005-12-19 14:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。