2006年01月18日

お台場で。「ザスーラ」

いただきものの前売り券があったので、
公開終了ギリギリに滑り込み鑑賞。

10年前に公開された「ジュマンジ」の続編映画。
…っていうのはウソだけど
原作者が同じで、ボードゲームをやるとそれが現実に起こっちゃう
というシチュエーションは変わらない。
あわやくば「ジュマンジ」の夢ふたたび、って感じ?

まさかそんなコンセプトで作ったんじゃないだろうけど、
「ジュマンジ」が好評だったんでしょうな。
原作者が読者の要望に応えて新作を書いたんで、
それも映画化しちゃおうかってところじゃないかな。(勝手な想像)

「ジュマンジ」から引き継いでいるのは
“ボードゲーム”というところだけ。
登場人物はひとりもかぶっていないし。
状況も全く違う。(前回はジャングルが舞台で今回は宇宙。)
なので「ジュマンジ」を観た事ある人もない人も
楽しめる映画だと思う。

実は「ジュマンジ」は私の大好きな映画の一つ。
娯楽映画としてとーっても高く評価しているのだ。
当時CGで動物があそこまでリアルに描けるっつーのが衝撃だったし、
ストーリー展開が面白く、各キャラクターの物語も非常によく出来てた。
主演も登り調子のロビン・ウィリアムスだったし。
何度観ても、吹き替えで観ても、間にCMが入ってもいーっつも面白い。
子供が見ても楽しめると思うし。

あれを超えるというのは無理というもの。
完成度も高かったし、続編をつくる余地すらないと思う。
だからこの「ザスーラ」はなんちゃって「ジュマンジ」というか、
エッセンスだけ引き継いだ別ものってこと。
(もともと続編だなんてだれも言ってないけどねー)

弟のダニーにかなりイラつきます。(笑)
はやくコマすすめろよ!!(`Д´) って感じで。
それだけハラハラ・ドキドキできるってことですな。(?)
最後は兄弟っていいナって思えるハッピーエンド。
その説教くささがちょっと鼻につくかも?
まぁまぁ、子供も見られる娯楽映画なのでその辺は大目にみましょ。

こっちがオススメ!!
ジュマンジ
ハラハラ・ドキドキ、かつ親子愛にホロッ(;_;)っときてしまうハリウッド娯楽映画の金字塔!(ホメすぎ?)
posted by あチちゃん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 2006年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ザスーラ」ジョン・ファブロー/監督
Excerpt:  「ザスーラ」やっと観てきました。  前売りを買ってあったのですが、終了間際になってやっと。  ストーリーは、ボードゲーム「ザスーラ」を見つけた兄弟は「ザスーラ」をプレイしてしまう。だがしかしその..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-01-18 21:53

ザスーラ
Excerpt: 幼い頃に、家族や友達とみんなで一緒に遊んだボードゲーム。モノポリー、人生ゲーム、スペースゲーム。あの頃は、テレビゲームは高価でなかなか買ってもらえなかったし、今時の子供たちのように一人でテレビゲームを..
Weblog: minaの官能世界
Tracked: 2006-01-22 13:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。