2006年06月07日

お台場で。「エミリーローズ」

待ちに待った「エミリーローズ」。
心霊モノ+ノンフィクションなんて
まさにわたしの大好物♪

同じく事実をベースにした「悪魔の棲む家」で
イマイチ満足できなかったので
一抹の不安を感じつつも鑑賞。
でも心配無用だった。
これはすごくヨカッタ。大満足。

心霊現象を裁判を通して明らかにしてゆく
という構図が信憑性を高めてくれる。
ドキュメンタリーじゃないので
脚色や演出はもちろんある。
でも意外と(?)実力派の俳優がそろっていて
映画に引き込まれます。
実際の出来事とエンターテイメント性の
バランスがうまくとれているような気がした。

なにより、
実在したエミリー・ローズの身におきた事の顛末が興味深かった。
ストーリーがそっち方面に行くと思っていなかったので、
なぜか非常に感動してしまいました。
まさに事実は小説より奇なりって感じ。
posted by あチちゃん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。