2006年06月15日

品川で。「リバティーン」

作品は“単館系”の雰囲気が漂うダークな内容なんだけど、
結構上映館数が多い。
ジョニー・デップが出てるから、なんだろうか?
でもデップが出てても単館上映な作品も多いしな。
(むしろそっちの方が多いかも。)

好きな要素がてんこ盛り(ノンフィクション+歴史モノ+デップ)
なので楽しみにしてたんだけど、不覚にも寝てしまいました。
ちょっと疲れていたもので…。

ここのところ、明るい(チャーリーとチョコレート工場)というか
まともな人物(ネバーランド)が続いていたデップが演じる
堕落してゆくダークな人物。ギャップにちょっと戸惑いが…。
機会があったら心の準備をしてもう一回観てみたい感じがした。
次は体調の良いときに。
posted by あチちゃん at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19302502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。