2005年11月21日

渋谷にて。「ロバと王女」

渋谷の一部の劇場では日曜日の最終回は\1,000で映画が見られる。
全部の劇場ではないと思うので、
興味のある方はチェックしてみてください。
とりあえずル・シネマは\1,000で見れました。

今回は「ロバと王女」。
予告編を見て気になっていた映画です。
だって“女王に先立たれた王様が自分の娘に求婚する”ことから
始まる映画なんですよ。
倫理とか道徳とか、完全無視じゃないスか!

で、どんな映画か一言で表すと、
豪華絢爛なナンセンス超大作って感じでした。
ツッコミどころ満載で「え〜?」とか「オイオイ…」の連続です。
劇場内失笑の嵐でしたよ。
でもそこは制作者も役者さんもわかってて作っているので
本気でバカなんじゃないか?とか余計な心配の必要なないと思われます。

それにつけてもカトリーヌ・ドヌーブの美しさ。
ほんっとにステキです。ステキすぎです。
衣装も見事です。
一度でいいから着てみたいッ!
posted by あチちゃん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。