2006年06月19日

銀座で。「かもめ食堂」

同年代の友人が試写で観て「スゴくイイ!」と言っていたので
見に行った。面白かった。
これ観て「フィンランドで食堂やりてー!」って思っちゃう人
多いだろうな。
なんか、うらやましいよな。こういうの。

食堂の外観・内装がかわいい!!
それから日本人キャストの着ている洋服がかわいい!
柄on柄の高度な組み合わせもさりげなくこなし、
マリメッコなんかを取り入れながらも
どこか日本のレトロさを感じさせるスタイリングが絶妙!
…と思ったら衣装担当は堀越絹衣さんだった。
さすがだわ。さすがすぎる。

日本の俳優陣はいいんだけど、
現地の俳優さんたちがつたなくてハラハラする。
唯一著名な俳優がいるんだけど、
それもこういう使われ方でいいの??と疑問に思ってしまう。
posted by あチちゃん at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

渋谷で。「僕の大事なコレクション」

抜群に面白かった。
でも、連日の仕事疲れのせいでちょっと寝ちゃった。
起きていたかったなぁ。

登場人物の設定がむちゃくちゃで可笑しいんだけど、
最後に行き着くところは意外とシリアスで感動しちゃう。

主人公は家族にまつわるアイテム収集癖のある
ユダヤ系のアメリカ人。
彼がなくなった祖父の恩人(と思しき人)を探しに
ふるさとのウクライナを旅する。と、そこに現れるのが
アメリカンカルチャーにかぶれまくって、
主人公よりも“アメリカの若者”っぽいガイドの青年と、
目が見えないといいながらドライバーを務めるその祖父。
そして飼い犬のサミー・デイビスJr Jr。

ルーツはウクライナでも、アメリカで生まれ育った主人公と、
ウクライナで生まれながらもアメリカに憧れる青年、
それに厳しい時代もウクライナで生き抜いてきた老人。
微妙に違う3人が、でも、根本のところで結びついていることに、
旅をするうち気づいていく。

最後はジーンとさせながらも、軽妙さをキープしていて粋な感じ。

監督はこれが初監督作となる俳優のリープ・シュレイパー。
なんだよー。
俳優っていうのは監督の才能もあるってことなのかなぁ。
posted by あチちゃん at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

品川で。「リバティーン」

作品は“単館系”の雰囲気が漂うダークな内容なんだけど、
結構上映館数が多い。
ジョニー・デップが出てるから、なんだろうか?
でもデップが出てても単館上映な作品も多いしな。
(むしろそっちの方が多いかも。)

好きな要素がてんこ盛り(ノンフィクション+歴史モノ+デップ)
なので楽しみにしてたんだけど、不覚にも寝てしまいました。
ちょっと疲れていたもので…。

ここのところ、明るい(チャーリーとチョコレート工場)というか
まともな人物(ネバーランド)が続いていたデップが演じる
堕落してゆくダークな人物。ギャップにちょっと戸惑いが…。
機会があったら心の準備をしてもう一回観てみたい感じがした。
次は体調の良いときに。
posted by あチちゃん at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恵比寿で。「戦場のアリア」

第一次世界大戦のクリスマス。
最前線でフランス軍、スコットランド軍、ドイツ軍が
休戦し、音楽を通じて友好を交わしたという話。
実話らしいです。

オペラ歌手であるドイツ人兵士が歌うと、
敵側からバグパイプの伴奏がついてくるところは
さすがに感動もの。象徴的でわかりやすいよね。

でもさぁ、ダイアン・クルーガー演じるオペラ歌手と
そのダンナ(前出のオペラ歌手)が好き放題やっている感じで
どうも鼻につくんだなぁ。そこが残念。
posted by あチちゃん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷で。「美しき運命の傷痕」

「ノー・マンズ・ランド」も大好きな映画の1つ。
監督のダニス・タノヴィッチの長編作品2作目が
「美しき運命の傷痕」。

うーん。
まったく毛色の異なる題材だからしょうがないけど、
前作でのユーモアとか、シニカルな視点とか、
豪快さ・痛快さというものは影を潜めていた。

エマニュエル・ベアールのアクが強くて、
彼女の独壇場という感じ。
posted by あチちゃん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。