2006年01月06日

日比谷にて。「秘密のかけら」

15年前に封印されたショウビズ界のスキャンダルを追う
新進気鋭のジャーナリスト。
真相に近づくほど深みにはまっていき、
ついには自らもスキャンダルの続きに巻き込まれていってしまう。
複雑に絡まった人間関係とそれぞれが語る物語を
ちょっとずつほどいていくようなストーリー。

舞台となっているのは1950年代のショウビズ界と
その15年後の1970年代。
1970年代の若手ジャーナリストが
1950年代におきたスキャンダルの真相を追うのだが…
時間の関係がややこしい!
物語の中の“現在”は1970年代になるわけだけど、
回想シーンである1950年代との区別は
風景とか役者の衣装と髪型に頼らざるを得ない。
なんか、直感的にはわかりにくいんである。

加えて私の場合、主人公の名前が覚えられなくて
また別の深みにはまってしまった。
え〜っと、ラリーっていうのは…どっちだっけ?

そんなわたしを取り残して、
物語は見事真相へとたどり着きエンディングとなった。

おわっちゃった…。ついていけなかったわ。
たぶん映画の魅力の半分も味わえなかったのでは。
まあ、いいや。
アリソン・ローマンがすごくキレイだったし。
当時の衣装もステキだった!

映画全体がヒッチコックのサスペンスを意識しているみたい。
効果音なんかがわかりやすくレトロ調でした。
posted by あチちゃん at 16:27| Comment(1) | TrackBack(4) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

川崎で。「ロード・オブ・ウォー」

「ロード・オブ・ウォー」と
「ロード・オブ・ドッグタウン」と
「ダウン・イン・ザ・バレー」がごっちゃになってしまう今日この頃。
冷静になってみると「ダウン・イン・ザ・バレー」は
あきらかに違うのになぁ。

タイトルの“ロード”は"road of…"ではなくて、"lord of…"。
(調べたら「…ドッグタウン」のほうもlords…でした)
神とか王などと訳されていました。この場合は“戦争の王”。

世界中の紛争地帯を渡り歩いて
武器を売りさばきまくる武器商人の物語。
モデルとなる武器商人も実在するそうで
ノンフィクションの部分も含んでいると思われる。

武器商人そのものの善し悪しということに
焦点が集まらないよう、全体を通して淡々と展開する。
死の商人とも呼ばれる彼は常識的にいえば悪そのものである。
しかしそこは否定も肯定もせずに冷静に描かれている。
それはもっと重大な問題−−−
つまり、彼のような武器商人が存在してしまうことの意味を
問いかけたいからだと思う。

ヘンに感情移入していないところが非常に成功していると思った。

ところで主人公の弟役にジャレット・レトである。
もう、弟の運命は登場しただけでわかってしまった。
ジャレット・レトはいっつも、そう。
こういう展開なんである。
顔がかわいすぎるからなのかなぁ。応援してるんだけどなぁ。
posted by あチちゃん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎で。「ディック&ジェーン/復讐は最高!」

軽い感じのハリウッド映画が観たい気分、
だったのでこれにした。
ジム・キャリー主演のコメディ。

ある日突然夫の会社が倒産する。
他の社員ともども路頭に迷うが、
ズル賢い社長は資産を持ち逃げして悠々自適の生活。
さぁ、さっそくタイトルどおり社長への復讐劇が始まる!!
…と思いきや、結構始まらない。
大量の失業者が右往左往する様が長〜いこと展開する。
復讐を思い立つまで時間がかかるのであった。
まぁそんなもんかもしんないけど。

社長役は「エリザベスタウン」の時と同じ
アレック・ボールドウィン。
同じ社長というだけで全く違う人物を演じているんだけど、
マスコミ対応を他人に押し付けちゃう行為が一緒でちょっとダブる。
そういえば「アビエイター」でも社長だったよなぁ。

予想通りの軽〜い感じのコメディでした。
喫茶店のサンドウィッチのような、“軽食”といった映画です。
posted by あチちゃん at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木で。「Mr&Mrsスミス」

直前まで観るか観ないか悩んだけれど、
主演が二人とも好きな俳優なので観ることにした。
あまりにも話題になってるし、街中はポスターだらけだし
観る前に飽きちゃった感じがしていて迷ったのだ。

でも、観たら面白かった。
よく出来たコメディだった。

夫婦間とか男女間のズレや違いは誰でも感じるもの。
それを生死をかけた極端なシチュエーションにまで持っていって、
さらにアクションと超豪華キャストをプラスして
どこまでもド派手に仕上げた映画って感じでした。
現実にはありえない展開だけど、元になっているのは
日常の些細な出来事だったりするので十分共感できる。

主演の二人も文句なくカッコいいしな。
なんかよくわからないけど、
ヤラレた〜って感じがシマシタ。
posted by あチちゃん at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

日比谷で。「親切なクムジャさん」

「オールド・ボーイ」の監督の最新作。
観るのをとっても楽しみにしていた映画なのである!
結構長くやっているだろうと思ったら
これも意外に短くて劇場に急いだ。

期待に応える面白さだった。
でも、なんか。
なんか…。
…。
欠けてない…?

こう、パズルのピースは足りてはいるけれど
ガッチリ!とは合ってないような。
描き漏れがあるような?そんな気にさせる。
今回はそういうところはおおらかに流して
細かい演出で魅せる映画、ということなのだろうか?
あとからディレクターズカットのDVD出す予定、とか?

とっても面白い映画だっただけに、
その辺が気になってしまった。
posted by あチちゃん at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日比谷で。「Jの悲劇」

「シルヴィア」以来お気に入りの俳優ダニエル・クレイグ主演の映画。
この作品でもかっちょい〜。
あの顔にメガネがなんともいえないッのだ。

恋人と行ったなんでもないピクニックが、
ある出来事がきっかけで悲劇へと転じてゆく。
得体の知れない不安感をあおりながら
じりじりと不気味に物語が進行するサスペンス。

はじまりとなるピクニックでのアクシデントに
インパクトが必要なのはわかるんだけど、
結構グロい。
予期していなかったのでちょっと萎えた。
食事の直前直後にはおすすめできないかも。

リス・エヴァンスがとってもリス・エヴァンスらしい
役柄で登場している。
っつか、最近こういう役は全部リス・エヴァンスが
演じているような気がする。
ほかにいないのか?ってぐらいに。
ハマっているからしょうがないかぁ。
毎度のごとくこの作品でも不気味だ。

で、なにはなくともダニエル・クレイグ。
今回は大学教授(講師かな?)の役どころ。
知的でかっこいいー。
ジェームス・ボンドにしては
ちょっと知的でクールすぎるんじゃないだろうか…
などと勝手な心配をしてしまう。
余計なお世話だろうけど。

ここで興味がわいてダニエル・クレイグのことを調べてみたら
ショッキングな事実が判明。
年齢が自分とほとんど一緒じゃないか…!

がーん。( ̄▽ ̄;)!!

あんなに大人の魅力なのに同い年…。
ジェームス・ボンドと同い年…。

横綱の年齢を越したときもショックだったけど
ジェームス・ボンドを演じる俳優と同い年なのもショックだわ。

あたし、このままでいいんだろうか…?
そんなことを感じる年の瀬である。
posted by あチちゃん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

日比谷で。「エリザベスタウン」

映画を観てもブログが追いつかず…。
これも公開終了しちゃったところが多くていまさら…な感があるけど
「エリザベスタウン」だ。

この監督はほんっとに甘酸っぱいのが好きなんだなぁ〜と思う。
そういうのが得意ともいうのかもしれないけど、
たぶん好きなんだろうと思う。
前作(「あの頃ペニーレインと」)が甘酸っぱいのは
自分の青春時代に対するノスタルジーからかと思っていたが、
大人を主人公にしてもやっぱり甘酸っぱさ全開なのだった。

主人公の旅のように物語のほうも寄り道を繰り返す。
でも、それをしっかりとまとめきったラストのナレーションが素晴らしかった。

そんなにうるうるせずに淡々と観ていたが、
やっぱりスーザン・サランドンのスピーチのところは来るものがある。
っつーかあそこで“ムーン・リバー”は反則だよぅ。
曲だけだって泣けるのに。
posted by あチちゃん at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

銀座で。「風の前奏曲」

「風の前奏曲」はタイの映画。
伝説のラナート奏者ソーン氏の実話をベースにした
フィクションなのだそう。
シチュエーションはまったく違うけれど
主人公が辛酸を舐めながらも最後には…!といった
「巨人の星」みたいな映画だった。(いいのかこんな紹介で…)

ラナートとは木琴みたいなタイの伝統楽器で、
いかにもタイらしい幻想的な音色がする。
戦前のタイでは地域ごとに楽団があり
競演会(演奏のウデを競うわけですな)が行われていた。
ラナートは楽団の中でも主旋律を担う花形(のようだ)。

主人公の飛雄馬は小さい頃からその天賦の才で頭角を現す。
向かうところ敵なしだったが、
ある日、永遠のライバル花形満と運命的な出会いを果たす。
どうしても超えられないライバルという壁…。
しかし飛雄馬は大リーグボールという秘策をあみ出し
ライバルを追い詰めてゆく!
みたいな感じだ。

細部はもちろん全く別物だけれど、
主人公が自分を鍛え上げてのし上がる様がね、
ちょっと通じるものがある。と思う。

主人公のソーンを演じる俳優さんがかっちょいい。
ライバルのクンインはピンポンのときの中村獅童風だ。
(クンインの方がずっとオッサンだけど)

先は読めてしまうかもしれないけれど、
安心感があって面白い映画。
タイという国の雰囲気や文化が伝わるという点でも○。


タイ映画のおすすめ
「風の前奏曲」とは全く雰囲気が違うけんだけど、
個人的に大好きなタイ映画なので紹介させてください!
怪盗ブラックタイガー
ファンキーでキッチュでエスニックな西部劇です。(笑)
舞台もタイ、役者もタイ人なのに無理やりウエスタンしちゃってます。
でもハラハラ・ドキドキあり、人間ドラマあり、意外とまとも(?)に面白い。
随所に映画の名シーンのパクりが出てきて、
映画好きの人はかなり笑えると思います!


「風の前奏曲」その後…
posted by あチちゃん at 17:26| Comment(1) | TrackBack(5) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

新宿で。「僕の恋、彼の秘密」

例の韓流に飲み込まれそうになりながら見た
台湾発の映画である。
→12/16「韓流」のページ参照
全く見る気はなかったのだけれど、
タイトルを見てもしかしたら面白いかな?と思ったんだけど。
単なるアイドル映画でした。

確かに、俳優たちがかっこいい。
“美形”と呼ぶにふさわしい美しさ。
でも作品としてはどうなんだ?って感じ。
ゲイのお話なんだけど、設定がゲイである理由が希薄すぎ。

「男女の恋愛映画を作ろうと思ったけど、
それをそのまんま男同士にしたらいいかも!」
「おかまちゃんとかをいっぱいだせばコメディとして面白いし!」

みたいな思いつきで作っちゃったんじゃないだろうかぁ。
この俳優さんたちをよく知る人たちには
キャスティングの意外性だけでも楽しめるのかもしれないけど
予備知識ゼロのわたしにはちょっとキツい。
キツいのだッ!

タイトルの「彼の秘密」につられて観たわけだけど、
それもゲイでなくても誰にでもありうるような秘密で…。
思わせぶりすぎ。
もっとアイドル映画っぽい邦題にしてくれれば観なかったよ…。

登場人物が全員男っていうのが新宿の一部の方たちには
ウケるのかもしれない。
(わたしが観た日はそれっぽい人はいなかったけど)
口コミでお客さんが入るといいですねぇ。
posted by あチちゃん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

有楽町で。「イン・ハー・シューズ」

この映画も気がついたら終了間際だった。
もっとながくやっても良い作品だと思うけど。
上映最終週のレディースデーに劇場前を通りがかったら
まだまだ長蛇の列が出来てました。
1週前に見ておいてよかった。ほっ。

これは女の人のための映画。
作り手がそう意識したかどうかはわからないけど、
見ていていろいろと救われる部分が多かった。
話はちょっとそれるけど、
女性の会話の基本は同意しあうこと、
というのを聞いたことがある。
「そうだね。」「わかるよ。」と言ってもらいたいがために
おしゃべりするのだ。
これは理解されることで女性は安心感が得られる
ということだろうと思う。
ゆえに女性のことをよくわかってらっしゃる映画を見ると
なにかうれしい気分になるし、癒される。
この映画はその筋の代表格になるんじゃないだろうか。

あたしゃ泣いちゃいましたよ。
帰宅して鏡見たらマスカラがきれいにまぶた側についていてびっくりした。
逆パンダ状態だ。
下まぶたが黒くなるのを阻止しようとして
ハンカチの使い方を誤ったらしい。
ウォータープルーフを過信したのもマズかった。反省。


ちなみに私のなかの「女性のことわかってらっしゃる」映画No.1は
「彼女を見ればわかること」だ。
こちらにもキャメロン・ディアズが出ているのが興味深い。

「彼女を見ればわかること」のDVDはこちらで!
posted by あチちゃん at 14:30| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

川崎で。「ブラザーズ・グリム」

毎週木曜日くらいになると今週で終わってしまう映画がないか
チェックしてみるのが習慣になっている。
なにかあるかなぁ〜と見ていたら、あった!
ブラザーズ・グリムだ。
※これは今月の初旬の話だけど

思ったより終わるのが早いじゃないか。
あれだね、
クリスマス&年末年始に向けた大作公開ラッシュの影響にちがいない。
この時期は拡大ロードショー系もうっかりしてられない。
(たぶんこんなことで必死になっているのはわたしだけだと思うけど。)

仕事があるのでレイトショーで上映している劇場を探してみて
見つかったのが川崎のチネチッタであった。
帰りが遅くなっちゃうけど、まぁ、仕方がない。

で、ブラザーズ・グリム。
実はこの監督の作品は一つも見ていない。(と思う。)
評判が高いのは知ってるんだけど、諸事情で未鑑賞。
わたし好みそうだけど…。まぁ、いろいろあるんですよ。

なので予備知識なし、素直な気持ちで観た。
時代物の“衣装”劇+ミステリー+オカルト+ホラー、みたいな。
大好物な要素てんこもりの作品で楽しめた。
なんか時間がたってみるとあんまりひっかかりがないけど
(記憶に残らないっつーか)でも、大満足だ。

できれば日劇とか、巨大スクリーンで見たかったなぁ。


全然関係ないけど、見ている間SAYURIのことを考えてみた。
中国人が日本人を演じるってどうなんだ??
最近そこがひっかかってしょうがないのだ。
でもこのブラザーズ・グリムだって
ドイツ人をアメリカ人が英語で演じてるしなぁ。
でもでも、ほとんどのアメリカ人だって
もともとのルーツはヨーロッパだろうからSAYURIとは事情がちがうよなぁ。
でもでもでも、日本人のルーツだってたどっていけば
中国にたどりつくだろうし。やっぱりいいのかなぁ…。

などと考えをめぐらし未だにSAYURI鑑賞に踏み切れないのであった。
posted by あチちゃん at 12:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

渋谷で。「アイドルたち」

観たのにここに書いていない映画が溜まっているー。
何本観たのか記録するためにも始めたブログだから、
この状態はよろしくないのだー。

「アイドルたち」は60年代の映画のニュープリント。
フレンチ・ヴィンテージ・シネマだそうだ。

目に楽しい映画ですよ。
もう、ほんとに衣装がかわいくって。
全く古さを感じさせないです。
主人公の女の子のウエディング衣装とか
かわいくてかっこいい。
ファスナーをつなぎ合わせてあるステージ衣装なんかは
ファスナーのカギ(?)部分が金属っぽいところが
かろうじて年代を実感させるものの、デザインは新鮮です。

主人公のジジもとってもキュートなのだ。
ただ…。
それ以外の“アイドル”はかっこいいんだか、なんなんだか。
フランスではああいうのがモテるんだろうか。特にシモン。
アイドルっていうわりに、ずいぶんトシいっちゃってる感があるよなぁ。

ストーリーもなぁ…。
昔の映画だから、最近のを見慣れちゃうとギャップ感じるのかもしれない。
ちょっとグズグズ?
正直、寝ましたよ。
途中で席を立つ人もいました。中年のカップルだったけど。
(結構場違いカッポーだったから、観る映画を間違えたのかも)

ところで話変わるけど、劇場がスバラシかったです。
渋谷のアミューズCQNの下の階のスクリーン。
全体的なレイアウトや傾斜の角度、スクリーンの位置、
客席の間隔、椅子の座り心地。
どれもパーフェクト!(>▽<)b
今東京で一番好きな映画館かもしれない。
posted by あチちゃん at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

恵比寿で。「ポビーとディンガン」

更新をすっかりさぼってしまった…。

「ポビーとディンガン」は「フル・モンティ」の監督の最新作。
予告編見てうるうるきていたわたしは
巨大な期待を胸に、はりきって劇場に行ったのであった。

しかし…。
公開間もないにしてはお客さんの入りがイマイチ?
もしかして。もしかすると。

案の定、なんかちょっとハズしたかも(´ヘ`;)…な映画でした。
おそらくそれはわたしの過度な期待が原因の一つ。
見る前からハードルの高さがハンパじゃないのである。
それはとにもかくにも
「フル・モンティ」がおもしろすぎたせいにほかならない。
あれはよかったよねぇ!

たぶん素直な気持ちでみれば楽しめる映画だと思います。
泣いているお客さんもいたし。

しかし不思議に思うんだけど、
面白くない映画ってなんでお客さんの入りが悪いんだろう。
みんなどこでかぎ分けているの?
だってこの作品のように公開したばかりの映画だと
口コミとか、まだ広まってないわけだよね。
映画評とか?あ、試写会を見た人の感想とか参考にするのかな?

予告編を見て「これは」と思って見に行ったやつが
必ずしも面白い映画とは限らない。
(予告編がすべて、ってときあるよねぇ。)
自分のカンだけに頼らないほうが良いってことかしらん。

ちなみにこの映画を見たことは後悔してませんよ。
WOWOWまで待ってもよかったかも、とは思ってるけど。
posted by あチちゃん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。