2006年06月15日

品川で。「リバティーン」

作品は“単館系”の雰囲気が漂うダークな内容なんだけど、
結構上映館数が多い。
ジョニー・デップが出てるから、なんだろうか?
でもデップが出てても単館上映な作品も多いしな。
(むしろそっちの方が多いかも。)

好きな要素がてんこ盛り(ノンフィクション+歴史モノ+デップ)
なので楽しみにしてたんだけど、不覚にも寝てしまいました。
ちょっと疲れていたもので…。

ここのところ、明るい(チャーリーとチョコレート工場)というか
まともな人物(ネバーランド)が続いていたデップが演じる
堕落してゆくダークな人物。ギャップにちょっと戸惑いが…。
機会があったら心の準備をしてもう一回観てみたい感じがした。
次は体調の良いときに。
posted by あチちゃん at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恵比寿で。「戦場のアリア」

第一次世界大戦のクリスマス。
最前線でフランス軍、スコットランド軍、ドイツ軍が
休戦し、音楽を通じて友好を交わしたという話。
実話らしいです。

オペラ歌手であるドイツ人兵士が歌うと、
敵側からバグパイプの伴奏がついてくるところは
さすがに感動もの。象徴的でわかりやすいよね。

でもさぁ、ダイアン・クルーガー演じるオペラ歌手と
そのダンナ(前出のオペラ歌手)が好き放題やっている感じで
どうも鼻につくんだなぁ。そこが残念。
posted by あチちゃん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷で。「美しき運命の傷痕」

「ノー・マンズ・ランド」も大好きな映画の1つ。
監督のダニス・タノヴィッチの長編作品2作目が
「美しき運命の傷痕」。

うーん。
まったく毛色の異なる題材だからしょうがないけど、
前作でのユーモアとか、シニカルな視点とか、
豪快さ・痛快さというものは影を潜めていた。

エマニュエル・ベアールのアクが強くて、
彼女の独壇場という感じ。
posted by あチちゃん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2005年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。