2006年06月15日

渋谷で。「The EYE2」

一作目の「The EYE」は、映画としてもホラーとしても
大好きな作品。超一級品だと思っている。
だからかなり期待して観にいったんだけど…
やらかしてくれちゃったなぁ、って感じです。
かつての成功に泥を塗るような出来です。あ〜あ。

一作目は偶然良いものができちゃったんだな。
そう思うことにしました。
「3」はもう観ませんッ。

せめて「The EYE〜」なんてタイトルは使わなきゃよかったのに。
posted by あチちゃん at 11:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 映画 2006年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座で。「アメリカ 家族のいる風景」

落ちぶれた俳優が自分の過去を振り返るうち、
自分には子供がいるかもしれないことを知り
かつての恋人を訪ねる、というお話。

…なんか、このあと公開される「ブロークン・フラワーズ」に
ちょっと似ている。かつての恋人を訪ねるってところが。
で、どちらも女の方が強いんだよね。(笑

サム・シェパード演じる主人公が
昔関係のあった女性のところにノコノコ現れるんだけど、
彼の周りにいる女性たちがみんな強いの。
母親とかかつての恋人とか謎の少女とか。
強いというか、大人なのかな。
男=子供って言いたいのだろうな。

ま。女はみんな大人なのかというと
そうでもないと思うけどね。
この映画のなかではみんなそう。
posted by あチちゃん at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東銀座で。「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

面白かった。
面白かったけど…なんか思ったのよりも違っていた。
「ヒストリー〜」というくらいだから
裏に壮大な秘密が隠されているんじゃないかと思ったのだけど、
思ったほどの秘密じゃなかった。
勝手な思い込みだったので映画に責任はないけど。

終わり方がよかった。
観る人の想像力を刺激するような
印象的なエンディングで好き。
posted by あチちゃん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。