2006年06月07日

渋谷で。「ククーシュカ ラップランドの妖精」

休日に時間があったので観てみた。
ここの劇場(シネ・アミューズ)の会員だから
安く観れるので。

“愛情が料理の一番のスパイス”みたいなことをいうけど、
“期待しないで観る”っていうのは映画を楽しむうえで
重要なことだと思う。

この映画の場合がまさにそうで、
予備知識もないまま見てみたら意外と面白かった。
物語の背景にあるものもよくわからないし、
女優さんもたいしてきれいじゃないけど味のある作品。

主人公の主婦の愛情に対するアグレッシブさがなんか笑える。
そんなにがっつかなくても…と思うけど、
欲望に正直でうらやましい気もした。
posted by あチちゃん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お台場で。「エミリーローズ」

待ちに待った「エミリーローズ」。
心霊モノ+ノンフィクションなんて
まさにわたしの大好物♪

同じく事実をベースにした「悪魔の棲む家」で
イマイチ満足できなかったので
一抹の不安を感じつつも鑑賞。
でも心配無用だった。
これはすごくヨカッタ。大満足。

心霊現象を裁判を通して明らかにしてゆく
という構図が信憑性を高めてくれる。
ドキュメンタリーじゃないので
脚色や演出はもちろんある。
でも意外と(?)実力派の俳優がそろっていて
映画に引き込まれます。
実際の出来事とエンターテイメント性の
バランスがうまくとれているような気がした。

なにより、
実在したエミリー・ローズの身におきた事の顛末が興味深かった。
ストーリーがそっち方面に行くと思っていなかったので、
なぜか非常に感動してしまいました。
まさに事実は小説より奇なりって感じ。
posted by あチちゃん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お台場で。「シリアナ」

なにがって、アナタ。拷問シーンが痛すぎ。
思い出すだけで手に汗をかいちゃう。
そこが強烈すぎて他のストーリーが飛んじゃいました。
観終わったあともグッタリです。
posted by あチちゃん at 16:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 2006年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。