2006年06月02日

恵比寿にて。「僕のニューヨークライフ」

軽いタッチのコメディー。

それにしてもウッディー・アレンが老けた。
だいぶ前から「枯れた」感じ(容姿がね)だったけど、
ほんと大丈夫か?といつも思う。
コケて骨とか折っちゃうんじゃないかと心配になるんだけど
でも意外としぶといんだよね。

わたしの友人はウッディー・アレンは
「人生の総編集に入ってるんだよ」
「きっともうすぐ死んじゃうだよ」と言っている。
立て続けに映画撮ってるもんなぁ。
たしかにちょっとがんばりすぎな感じ。
観る方にしてみれば嬉しいけどさ。
posted by あチちゃん at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日比谷にて。「白バラの祈り」

ナチス統治下のドイツで実際にあった事件をベースにした映画。

この事件のことをもっと知りたくなって
わたしにはめずらしくパンフレットを買ってみた。
思ったほど記事の量は多くなかったけど…。

反ナチスのビラを配った反逆罪で、
大学生の兄・妹とその友人の3人がたった数日(たしか4日?)の
取調べ・裁判の末即日処刑されてしまう。
事件が起こってから処刑されるまでが描かれているが、
その前にも事件後にも白バラという団体の活動は続いていたわけで
地道な活動ではあったけれど後々に大きな意味を持つようになる。

パンフレットに期待したさらに詳しい情報がなかったのは
逆に返せば映画が詳細を描ききっていたともいえるのかも。

自分が主人公ゾフィーの立場だったら…。
正常な思想を維持できるものか?そうであってほしいな、と思った。
posted by あチちゃん at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎にて。「ホテル・ルワンダ」

アフリカで実際にあった民族紛争を題材にしたお話。

なにがツラいって、自分の無関心さを思い知らされるところ。
この映画にあるような虐殺場面を
わたしもテレビのニュースで見たことがあると思う。
でもその時は「また世界のどこかで争いをしているな」
くらいにしか思わなかった気がする。
「また」なのに大して気にも留めなかったのだ。
自分のバカさ加減に腹が立つ。

自宅でご飯を食べながら見るニュースの向こうの世界には、
こういう残酷な現実の中で生きている人がいるのだ。
そういう人のために自分にできることってあるんだろうか?
その後何週間も悶々と考えることになった。
posted by あチちゃん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。